アラジンポット過去ログ

アラジンポットのblog

(ごま) 12Rivenの感想

2008年03月31日(月)
1.jpg 200×238 11K  最近プレイしたのでレビューな感想を。

 『12Riven』はKIDが制作した推理サスペンスアドベンチャー。「ミュウ」を守りつつ「第弐エクリプス計画」を阻止するのが目的。


 分量はオールコンプリートまで実時間で30時間(当然飯風呂睡眠除く)。既読スキップが大変軽快に流れるので、やり直しで取られる時間は少ない。また、とろい喋りのキャラも居ないので会話で無駄に時間食うことも無い。


 話は壮大で、多くのトリックとミスリードを使って先が読めないように工夫されているため、目の離せない緊迫感のある展開となっていて大変楽しめた。
 伏線も大量で、ネタは多少の穴はあるものの綿密に管理されている。ここまで大量だといい加減な人間では管理しきれないだろう。まとめ上げた作家はすごいと思う。
 ネタがすごいと言っても、自転車創業が使うようなとがった前衛的トリックではなく、今までのシリーズのネタを集大成的に組み合わせている。このため先が見えなくなっている点がよい。一つ位ならネタバレしても大丈夫だ。

 ただ、トリックを優先するあまりキャラクターの描写がなってない。全員ネタを説明するための駒に見える。会話の大半は説明と駆け引き。過去のエピソードは多いが、自分の事を話すシーンは少ない。キャラクターは日常的な会話などで表現するのが一番良いと思うが、このストーリーでは無駄話する時間など無い。もし次回作があるのなら、キャラクター同士でリラックスして会話できるすき間を作って頂きたい所だ。ギャルゲーじゃないとしても必要な事だと思う。


 絵は非常に品質のバラツキが大きい。
 キャラクターデザインはかなり良いと思うが、画面上に表示される絵は元絵に似てるものと、かなり厳しいものが混ざっている。
 立ち絵は大体問題ない品質だが、イベントCGについては全体的に微妙な品質で、2割程度とんでも無い低品質の絵が混ざっている。特にパースが壊滅的で拳銃があらぬ方向を向いている、標識がゆがんでいる、ビルがゆがんでいる、人間自体のパースもとれていないなど目を覆いたくなる品質。横顔もひどく、横顔の設定が起こされていないのでは?と勘ぐってしまう。
 「ギャルゲーじゃないから絵なんてどうでも良い」なんて言ってられない。絵でトリックを描いている部分もひどい絵なのだ。せめてその部分だけでも、一番画力のある人とディレクターが綿密に打ち合わせして丁寧に描いて欲しかった。
 出来ればエロゲーのように、キャラデザさんに全ての原画を発注して頂きたい。


 曲はなかなか良かった。ゲームに合わせてあるのは当然で語るまでもないが、忍び寄るように始まってだんだん激しい曲調に展開してゆく曲が多い。これが緊迫感を煽るようで良い。


 声は名の通った声優が使われている。出来としては普通。というのも、セリフの大半は説明だからだ。『らき☆すた』のように演技が固まってるわけでもない。良いと思うときもあれば、あれっと思う時もある。
 もし早い段階で声優が決まっているなら、その声優に合わせた言い回しにして欲しい。メイの蹴り飛ばしシーンなどあれっと思うセリフだったので。


 トータルで考えると、サスペンスに特化したゲームだ。綿密でかなり出来の良い話の進め方だった。トリックネタはもう出尽くしたので衝撃は無いが、組み合わせによる先の読めないわくわく感はとても心地よかった。
 気になる方は、トリックネタが一般的になる前に早めに購入した方が良いだろう。

名前(必須)  URL 

 

(ごま) ゲームらき☆すた 陵桜学園桜藤祭

2008年03月17日(月)
ap20080317.jpg 200×225 12K  最近プレイしたので感想。

 角川のメディアミックス作品らき☆すた』のPS2用ゲーム。
 『らき☆すた』は日常を描く作品だが、ゲームでは非日常を描く割合が多い。キャラクターがイベントに振り回されそうなぎりぎりのプロットである。


 分量はオールコンプリートまで約50時間(実時間)といったところ。シナリオを進めるだけなら難しくはない。しかし選択肢が多く細かく分岐するため、テキストの総量は結構多い。さらにパラメータを細かく調節しないとたどり着けないイベントや、分岐後のイベントでも択一ではなく数周して全てのイベントをこなさないと立たないフラグなど、作業プレイを要求される場面もある。小ネタが多いのでつまらなくはないが、スキップが遅いのでイライラする。


 は半分恋愛ゲー、半分は異世界冒険。エッセンスにループゲー風味。攻略対象が膨大なので、ループゲー風味にして共通ルート部に変化を付けてあるのが良い。念を押しておくが、あくまでも風味である。ループ用システムや、ループを使ったどんでんがえしなどは無い。
 恋愛ルートではキャラが変わってもほぼ同じ話。プレイしてて少々つらかった。もう少しキャラの個性を出せるよう、個別イベントを一つでも追加して欲しかった。
 それ以外のルートは良くできてるんじゃないかと思う。ただ分岐が多過ぎだと思うが。
 クリア後の追加シナリオは同人誌みたいなネタを本物の声でやってるのが良い。


 キャラについて多く語る必要は無いと思うので、気がついたところだけ。
 『永森やまと』を攻略するルートが無いのは許せん!!
 『柊かがみ』が2ch掲示板によく書かれているツンデレキャラと大差ないステレオタイプに。悲しい…
 『柊つかさ』「どんだけー」。…………かわいい。声優の演技は偉大。
 『日下部みさお』「だってヴァ!」のセリフが無い。扱いが悲しい。


 について。もともと強くデフォルメされた絵だしそんなに凝った塗りでもなく、まあいいんじゃないでしょうか。立ち絵はスパッとデフォルメされてるけど、イベント絵はなんだかあやふやなタッチで煮え切らない感じ。
 背景はかなりイイ感じ。CGのコストは背景に取られたのか!?


 はアニメと一緒で違和感なし。演技もアニメ20話分以上の経験で完璧。
 こんなに人呼んで、こんなに大量にしゃべらせてるのだから大変なコストが掛かっているのがスグに分かるレベル。
 でも収録後に音が整えられてない感じ。コンプでも掛けて子音浮き上がらせないと聞きづらい。


 は必要最小限のクオリティの曲が30曲使われている。最初はPS2の内蔵音源だと思ったが、ディスクからストリーミングで流しているらしい。ボーダーラインより下の音や曲は一瞬も無いのだが、ハッとするような部分も個性も無い感じ。音楽=演出なんで突出した部分が無いとシーンが浮かばない。
 ただしOP曲は秀逸。特に歌詞が尖っていて、一発で『らき☆すた』と分かる素晴らしい出来。またも暗喩だらけか。



 全体的にキャラゲーとしてはかなりボリュームが有ると思う。不快にならないよう気を遣っているし、イメージを壊すようなセリフもかなり少ない。
 『らき☆すた』の世界(の一部)を長く堪能したい人は買うと良いだろう。現在、amazonにて限定版が半額である4620円なのでかなりお買い得である。

名前(必須)  URL 

 

(笹原) F1開幕!ヽ(≧▽≦)ノ

2008年03月16日(日)00:04
こんばんは、お久しぶりな笹原です。

べ、別に、「ToHeart2 AnotherDays」をプレイするのが忙しくて、
サイトを放置していた訳じゃ無いんだからね!ヽ(`Д´)ノ


で、ToHeart2 AnotherDaysのレビューは…
あー…、止めておこう…
まだオールクリアしてないしねー

オールクリアしたら書いてみようかと…
「どんだけ時間掛けてるんだよ!」とか言われそうですがー
ゲームやる時間があまり取れないんじゃい!ヽ(`Д´)ノ

おまけに、今プレイしているシナリオがはるみシナリオなんですよ…
こーね…笹原の苦手な元気っ子…(´・ω・`)
笹原がどの位元気っ子が苦手かと言うと…
前作の「ToHeart2 XRATED」の花梨シナリオをプレイ中に
ごまたと交わした会話で察して下さい…

挫けそう…

↑を見ればどんだけ笹原が元気っ子が苦手か分かってもらえるでしょう…
も、もうぽ…(つдT)



ま、エロゲの話は置いといて…
F1ですよ!F1!! フォーミラ1!!ヽ(`Д´)ノ
やっとこ2008年シリーズ開幕!!ヽ(≧▽≦)ノ

今年はどーなるかなー?
去年はミハエル・シューマッハさんが引退してしまったのでー
面白くなくなるかと思いきや、ルイス・ハミルトン選手が沸かせてくれたぜ!
ロバート・クビサ選手の大クラッシュじゃ「うを!死んだ−!(゚Д゚;≡;゚Д゚)」
とびっくらこかされたしー(クビサ選手は軽傷で、2戦後に復帰)
佐藤琢磨選手フェルナンド・アロンソ選手(ディフェンディングチャンピオン)
を追い抜いた時なんか、脳汁吹き出したぜ!ヽ(`Д´)ノ

今年は、中嶋悟さんの息子さんの中嶋一貴選手ウィリアムズから参戦するから
超wktkですよ!
今年の参戦が危ぶまれていたスーパーアグリも参戦が決まったしねー
佐藤琢磨選手に激しく期待ですよ!ヽ(≧▽≦)ノ

後、ホンダにも期待!
去年は不調だったけど、今年はニューマシーンで頑張って欲しい物ですね。
今日の予選はお酒飲みながらテレビ観戦してましたよー
明日の決勝が楽しみだじぇい!
朝一で観戦用のつまみとお酒を買いにいかないと(笑)

頑張れ、日本!!
佐藤琢磨選手、中嶋一貴選手と、ホンダとトヨタに期待age



あー、車レースの話が出たついでに、笹原の車の事も書きますかー
前々回の記事でパーツを付けたと書きましたがー
今回もまた付けました!しかも、超体感パーツを!!

車高調

ブレーキローターじゃ無いよ、その奥…てか、上に見える
銀色に光る物体!それは車高調!!ヽ(≧▽≦)ノ
ついに、足入れましたよーヽ(≧▽≦)ノ

車高調だけ有って、車高も落としました!
履いているタイヤが違くて申し訳無いですが…
同じサイズのタイヤだから、外径はそんなに変わんないハズ

びふぉー

びふぉー

アフター

あふたー!ヽ(≧▽≦)ノ

車高下がると格好(・∀・)イイ!
見た目的には、もった下げた方が良いのですがー
そうすると、公道を走れなくなる(最低地上高が90ミリ以上無いと道路走れないの)
のと、実用性が悪くなるので、最低地上高100ミリでセッティングしてもらいました。
純正に比べて、20〜30ミリ車高ダウンって所ですね。

採用した車高調は、FEEL'S(ホンダツインカム)さんとこの
DC5専用全長調整式バージョン2です。378,000円なり…
この車高調は前後共、アッパーマウントが付いてきません。
「自分の好きなアッパーマウントを選んでちょ」ってヤツですね。
前後のアッパーマウントと、交換工賃、アライメント交換賃も必要になるので…
全部で約48万円に…(つдT)
ホンダツインカムさんとこの金利ゼロローンで購入(笑)

なぜにローンまで組んで購入したかと言えば…
この前やってもらった安心点検中に、デモカーいじっていたら、
無性に欲しくなったから(笑)
てか、安全点検をしてもらっている最中にローン用紙を書いていた(笑)


ちなみに、カタログの写真と現物だと色が違います。
金色の所は無いし、青色のスプリングは黒色だし…
カタログを見る分には、レーシングギア(RG)の車高調にブレーキホースブラケットを
付けたヤツかと思っていましたよ…
てか、カタログの写真を拡大すると、RGって書いてあるし…

ま、昔はレーシングギアのを使っていて、今は変更したのかな?
笹原の車に付いているのはCARDINAL POINTS製の車高調です。

ハコー

↑これが車高調が入っていた段ボール箱。
写真撮った時は、すでに交換済みで、中身には純生ダンパーが…
取り付け前に写真を撮れば良かったのですがー
取り付けを依頼してしまったのと、アッパーマウントが別なので、
バラバラだったのよ…

つー訳で、取り付け前の写真は有りません。ゴメンなさい…
あ、そーそー。
なぜに取り付けをしてもらったかと言うと…
DC5は悪名高きストラット形状の為、車高を30ミリも落とせば
見て分かるほどにトーアウトが付くから、アライメント調整も同時にやらないと
アボーンするから(笑)
おまけに、タイロッドブラケットが最適化してあるので、純正と同じ車高にしても
絶対にトーが変わる。てか、多分純正と同じ車高には出来ない…

ちなみに、ホンダツインカムさんのカタログには「競技用部品」と書いてあります。
笹原が購入したときのカタログ(1個前のカタログ)には競技用とは書いてなかったしー
そんな説明も受けなかった…

先日、ホンダツインカムさんに
「公道で使うには不具合有るの?」
「以前と車高調変わった所有るの?」
と、問い合わせて見たところー、回答を貰いました。
その回答は…

「以前の製品と同じ物です、変更はナッシング」
「競技用としてあるのは、車高を一番高くした状態でも最低地上高90ミリ確保が
 出来ない事が多いから、コレはマフラーの構造が問題で、マフラーメーカーに
 よっては、最低地上高が確保出来ないので、競技用表記にしますた」

との事。
ちなみに、笹原の車のマフラーはノーマル。
この状態だと、一番車高が低い所はフロントのサブフレーム。
このサブフレームで地上高100ミリにセッティング時に、
マフラーのメインパイプ(マフラーの一番低い所)で地上高110ミリ有ります。

車外マフラーだと、メインパイプが太くなるので、当然地上高は低くなります。
ノーマルと全く同じ取り回しで、ノーマルよか20ミリ太いメインパイプにすると、
地上高は100ミリに、リアのトラクションを上げる為に、リアの車高を落とせば、
さらに下がります。

そーいえば、笹原の車は大体前後同じ車高ですがー
ワンメークレースとかのDC5は後ろ下がりになってるんですよねー
セッティングを煮詰めていくと、後ろ下がりになって、車高落ちるのか…?(; ̄ー ̄)

ま、今の所は問題ないって事で(笑)
マフラー変える時に考えよう、ホンダツインカムさんはマフラーの取り回しとか
変えてくれるので、相談すれば何とかしてくれるだろー(笑)

ちなみに、このダンパーは超ショートストローク!!

ショートストローク!

ジャッキアップ状態(いっぱいにダンパーが伸びている状態)
でコレしかストローク無い…大丈夫なんか?(; ̄ー ̄)

タイロッド取り付け部は最適化してあるのでー
こんなショートストロークでも、タイロッド万歳しない!ヽ(≧▽≦)ノ

タイロッド問題解決!

後、ブレーキホースなんかのブラケットが付いているのも(・∀・)イイ!

ブラケット付き(・∀・)イイ!

結構ブラケットが付いてなくて、ブレーキホースとかをタイラップで
止める車高調多いんだぜ。

この辺は良く作って有りますねー

あ、そーそー
この車高調はアッパーマウントが付いてこないと書きましたがー
笹原はボディの攻撃性と町乗りを考えて、純正のアッパーマウントにしました。

ノーマルアッパー

フロントダンパーロッドの真ん中、六角の穴の中にバンプの減衰力調整ネジが有ります。
専用のドライバーでクリクリって回します。5段階調整。

で、こっちはフロントダンパーの下側。

リバンプ調整

ダンパー下の金色のダイヤルがリバンプ側の減衰力調整。
こっちは指で摘んで回せます。こっちも5段階調整。


あ、そーそー
アッパーマウントがノーマルでもキャンバー調整は出来ますよー
ハブの取り付けボルトの下側が長穴になっていてー
その中にカラーを入れて調整します。

キャンバーカラー

今は中間のカラー入れてあります。
見た目でキャンバー1.5°位かな?一番付くの付けると2°位付きそうな感じ。
細かいセッティングは出来ないけど、大まかな調整で十分でしょー
物足りなくなったら、アッパーマウントを調整式に変えれば良いんだしねー


リア側はこんな感じ。

リアサス

こっちも純正アッパーマウントです。
ストロークは純正と変わらないって感じ。
つーか、純正のリアが超ショートストロークとも言いますが…

リアの減衰力調整はバンプ、リバンプ同時調整で、調整ネジはダンパーの上側。
内装剥がしてない無いので、調整には内装を引っ張りつつ、
手を突っ込んで専用ドライバーで調整してやんないとダメです。
ま、そんなに苦では無いですなー

ちなみに、アライメント調整はホンダツインカムさん推奨セッティングに
してもらっています。
調整数値は知っているのですが、ショップのノウハウも有るでしょうから、
公開は勘弁な方向で…


さて、ここでFEEL'S車高調インプレッションの時間です!!ヽ(≧▽≦)ノ

まずは、交換後初めて乗った時の感想は…
「(゚Д゚)ハァ!?なんじゃこりゃぁ?」です(笑)

まず、縦列駐車から発進!ゆっくり進みながら、ステアリングを切る!!
すると、「バキン!バキン!!」と豪快な音が!!
「これが悪名高きDC5のタイロッドの音か!?」とびっくり!
しかも、ホンダツインカムさんを出て、すぐに交差点を曲がるのですがー
そこの道が悪いのよ、そこをゆっくり通過すると…
車がフラフラ左右に振られるがな!!ヽ(`Д´)ノ
特にリアが酷い!ダンパー効いてないんじゃねーのこれ?って位酷い!
そりゃもう、速攻でお店に戻ろうかと考えてしまうほどに!(笑)

がしかし!笹原は以前、取り付け前のダンパーは横になっている為に、
取り付け直後はちゃんと動かない事が有ると聞いたことが有ったので、
しばらく走ってみる事に。

結果、バキンバキンな音は、走り出しの時だけで、それ以後は出ていません。
車がフラフラするのは、20キロほど走れば、ほとんど出なくなり、
100キロも走ったら、全然問題なくなりました。
やっぱ、ダンパーの慣らしって必要なのねん。

肝心の走りの方は…
良いよこれ、めがっさ曲がる!!超コーナリングマシーンになった!ヽ(≧▽≦)ノ
純正の足は、スプリングが縮んでから曲がるのよ。
ステアリングを切る→アウト側のスプリングが縮む→
縮むのが収まる→さらに曲がり始める。

こー、2段階で曲がるって感じだったのですがー
この車高調はスプリングレートが高いからか、それが無い。
ステアリングを切る→曲がるって感じ。

どー言えば良いんだろ?
純正はサスペンションで曲がるって感じだけど、この車高調はタイヤで曲がるって感じ
ま、すげー曲がるようになったって事ですよ(笑)

がしかし!良い事ばかりでは無い。
良く曲がるって事は、あんまし真っ直ぐ走らないって事だ!
トー角を変えた影響も有るんでしょうが、直進安定性は悪くなりました。
まぁ、1週間も乗れば気にならなく程度ですけどね。

後、ステアリングが軽くなったーヽ(≧▽≦)ノ
ダンパーの作りが良いのか、キャンバーが付いて接地面が変わったからか…
でも、確実にステアリングが軽くなりましたよー

そーそー、笹原一番のお気に入りはー
純正と違って、跳ねないんですよ!
純正のダンパーは、コーナリング中にギャップを拾うとー
跳ねて、そのままアンダー出て、どっか行っちゃうんですが(; ̄ー ̄)
コイツは跳ねない!コーナリング中にギャップを拾っても、
ちゃんと路面を追従してくれる!ヽ(≧▽≦)ノコイツは良いぜよ!


後、乗り心地も良い!
といっても、純正よりかは確実に堅いけどねー
スプリングレートからすれば相当乗りやすい!
フロント16キロのリア20キロもスプリングレートが有るとは思えない乗り心地。
感じとしては、減衰力を一番弱くして純正の新品状態よか、ちと堅いかなって感じ。
1週間も乗れば慣れて、今まで通りに乗れますよー

ただ、それは普通に使った時ね、路面のうねりとかは平気だけどー
段差の乗り降りなんかは、スプリングの絶対的な堅さが出ますねー
まぁ、段差乗り越えとかは滅多にないと思いますが…

とりあえず、何も言わないでごまたを助手席に乗せて走ったらー
ダンパー変えた事に気がつきませんでしたね。
たまに乗る人には分からない程度なのかの?


後、良い事だけじゃ無いですよ、心配事も有ります。
それは、キャンバーが付いたこと。
町乗り程度だと、フロントは外側まで接地してますがー
リア側の外はあまし接地してない…攻めれば接地するでしょうが、
基本の使い方が通勤なんで、ぜったにタイヤ片減りするよ…(つдT)

キャンバー付けるのにも、理由が有ってですね…
リアの車高を落とすと、キャンバーが勝手に付く。
リアのキャンバーは調整出来ないので、そのまま。
がしかし、そのままだとコーナリング中にリアのグリップが勝ってしまい、
プッシュアンダーが出る。
リアのアッパーアームを調整式に交換して、キャンバーを戻してやれば良いんですがー
調整式のアームは車検を通れない=公道走れない。

しょーがないので、フロントにもキャンバーを付けて、プッシュアンダーを相殺する。
すると…コーナリングパフォーマンスは上がる!
がしかし、タイヤ片減りおまけに、キャンバー付く事によって、コーナリングの
グリップは上がるが、グリップを使い切ると、コントロール出来ない状況に…(つдT)
まぁ、最後のは限界まで攻めなければ良いだけですがね(笑)


後、一番のデメリットと言うか、気になる所は…
フロントダンパーから音が出る事ですかねー
減衰力を中間(3段目)にしている時は気にならないのですがー
一番柔らかく(町乗り仕様)にすると、コツン、コツン音が出る…
多分、スプリングの音だと思いますが…
ま、衝撃とかは無いので、問題ないと思われます。

ツインカムさんに「音が出るんだよねー」って相談したら、
ダンパーのチェックと、取り付けチェックしてくれたんですが、
その時も問題は無かったそうです。
ま、DC5は音が出る足回りで有名なので、これが普通なんでしょう(笑)


結論から言うと、価格以外はお勧めできるダンパーだと思います。
てか、価格相当な性能だと思いますよ。
タイプRに安物のダンパーははっきり言って止めた方が良い!
EK9に10万ちょい位の車高調を入れて、めがっさ後悔していた友人Sを知っているしね…


最後に、カタログには載っていないスペックを…

製造元はCARDINAL POINTS。
ちなみに、ホンダツインカムさんはDC5バージョン2以外の車高調はクアンタム製です。
↑ゴメン、間違えてた、クアンタムじゃなくて、アラゴスタ製だった!!

ダンパー形状は単筒正立だと思われ。
なぜ思われなのかと言うと、ホンダツインカムさんに聞いても、
明確な返事が貰えないから。
正立なのは間違い無いですよね、ダンパーロッドが上に有るし、バンプ調整が上側だから
で、なぜに単筒なのかと言うと、
製造元のCARDINAL POINTSさんが単筒を売りにしているから、恐らく単筒だろうと…

スプリングレートはフロント16キロ、リア20キロの直巻きスプリング。

減衰力調整は「フロントは伸び側と縮み側のそれぞれが調整可能、
 フロント25段、リア5段」とカタログに書いてありますが…

実際には、フロントの伸び(リバンプ)側5段の縮み(バンプ)側5段です。
何でも、5×5段で=25段調整と言っているそうです。
普通、25段って書いてあったら、25段階回ると思わね?(笑)
ちなみに、製造元のCARDINAL POINTSさんでも5×5=25段と言っていますね。

リアのダンパーはリバンプ、バンプ同時調整で5段階です。

あ、フロントのリバンプの調整(ダンパーの下側に付いている)は
ステアリングを一杯に切れば、腕を突っ込んで調整が可能です。
わざわざジャッキアップしなくても調整可能!



ま、ハズレなダンパーじゃ無いですよ。
これからDC5の車高調を交換するって人は、是非参考にしてみて下さいな〜ヽ(≧▽≦)ノ

ただ、製造元のCARDINAL POINTSさんがサイトを1年以上更新してないんですよね…
潰れたりしてない…よね?(; ̄ー ̄)

過去ログ 2004年10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 04月 05月 06月 07月 08月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 06月 07月 08月 09月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 10月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 08月 09月 10月 11月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 
最新記事へ戻る

メールアドレスが書かれた画像
  • Firefox/Edgeで動作確認しております。
  • スマートフォンとPCで問題の出ないよう制作しております。
  • ラグナの画像引用について:このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 (C)2004 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS),All Rights Reserved. (C)2004 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。