アラジンポット過去ログ

アラジンポットのblog

(ごまた) 海外からの送金は面倒くさい

2009年08月26日(水)19:31
 私はよくネットオークションを使う。出品も落札も、大体の場合個人取引となる。出品者がストアと書いてあっても、中は一人の事が多い。
 100回も行えば慣れ、取引はテンプレートのやり取りで済んでしまう。相手が中国人や韓国人の場合は言葉の問題などが有るが、そもそも信用の為らない相手なので取引は破棄する。

 そんな取引にも慣れた頃、米国人からアラジンポットの作品(Tone of the DRAGOON)をを求めるメールを頂いた。ヤフオクで中国人を相手にするのは精神的に辛かったが、米国人はどんなものかと取引してみる事にした。

 日本人相手はほぼテンプレで済み、手順もツールも確立してるので考えることもなくメールの作成や宛先印刷が済んでしまう。しかし、海外向けとなるとツールなど無いので大いに頭を使うこととなった。


 以下に備忘録として書いておく。



 まず最初にメールを受け取るのだが、文字エンコードの問題が心配される。e-mailはインターネットに接続された全ての世界に送ることが出来るが、相手が正しく受信出来るとは限らない。
 日本で流通しているいくつかのメーラーは、実は日本語のエンコードしか正しく表示できない物が存在する。
 アラジンポットが利用しているgooフリーメールは、多言語にも対応しているようなので問題なく読めた。相手はGmailで、もちろん多言語に対応。1つ目の問題はクリア。


 文字が正しく表示できても、読めるかどうかは別問題。
 英語はポピュラーな言語なので殆どの人が読めるし、高精度な翻訳ソフトもある。
 しかし、送られてきたメールは日本語。それも低精度なweb翻訳サービスを使った訳文のみ。しかも意味不明な部分が結構な割合で存在する。訳文の雰囲気からして、原文はくだけた言い回しをしているようだった。
 まあ、意味が分からなくても、こちらから丁寧に質問すればやり取りが可能なので、意味不明な部分はスルーすることにした。


 こちらから送る文は原文と訳文の両方を送る必要がある。これは齟齬を無くすために必須。訳文が間違っても、母国語を間違えることは殆ど無いからだ。


 訳文を作るためには翻訳に適した原文を作成する必要がある。当たり前だが、英語と日本語は単語が違うだけでなく、文法なども違う。そのためガチガチに堅い教科書的なビジネス文章を書き、その翻訳文が英文として正しいか評価しなければならない。
 これにはコツがあって、「送料」(postage)「国際出荷コスト」(international shipping cost)などと書く細かい物から、「1994年のアラジンポットのCDの作品の元ネタの曲のCDは、」など低精度となる頭の悪い言い回しは使わないなど大きななことまで色々ある。
 一番確実なのは、堅い日本語を使うことだ。


 相手の住所を聞いたらどう送るかだ。
 海外発送はEMS,AIR,SALがメジャーか。AIRとSALは保険が無いので、別に書留サービスなどを付ける必要がある。出来る限りEMSを選んで欲しいのでEMSとSALの違いを伝えなければならない。これは一度英文を作れば、テンプレとして使える。


 代金の請求には通貨を指定する必要がある。
 米国は$、日本は\を付ければ良い、と言う物でもない。
 同じ$マークでもアメリカドルと香港ドルでは違うし、\マークも日本円と中国元の意味がある。
 こちらの金額はJPY、アメリカの金額はUSDと書く。


 海外から代金を受け取るのはかなり面倒であった。
 受け取り側としてはInternational money order(国際郵便為替)がラクなのだが、結構な送金コストが掛かる。
 すると大体はPayPalと言うサービスを使うことになる。
 PayPalは海外の会社なので、日本では非常に使いにくいサービスだ。
 まずPayPalに入金できない。この時点で死んでいるサービスだと思う。しかし、日本の銀行へ出金は出来るので、高い出金手数料を払って自分の口座に振り込むことが出来る。つまり、受け取り専用としては利用できるのだ。
 両替料は私持ち、出金手数料は相手持ちで合意した。

 今思ったのだが、Amazon.co.jpのギフト券として受け取れば、クレジットカードの両替レートだけで受け取れると思った。年に数回ならこちらの方法が良いだろう。
 ちなみにAmazon.comのギフト券は使えない。


 支払いが確認できたら発送である。
 EMSの場合、数日かかるが無料の伝票印刷サービスがあるので、住所を聞いた時点で注文すれば発送するころに伝票を届けてくれる。後はこの伝票へインボイス代わりに品名と金額を書くだけでよい。
 AIR,SALの場合は耐水性インクで宛先を印刷し、CN22ラベルに詳細な品名と金額を書く。


 ここまでくれば、トラッキングナンバーをメールし、到着を待つだけだ。
 海外発送は毎年数回しか行わないので到着までやきもきする(笑)



 日本在住の方はメールではなく、冬コミでアラジンポットにお会い致しましょう。
名前(必須)  URL 

 

(笹原) 笹原の大型二輪免許修得奮闘記! 第2段階編

2009年08月16日(日)23:55
こんばんは、笹原です。

もう、お盆休みも終わりですねー
笹原のお盆休みは前半の8〜11日でした。
天気悪くて、ツーリングには1回しか行けなかった…(´・ω・`)

がしかーし!KIAI入れて盆休み中の仕事を終わらせたのでー
土曜日(15日)が休みになったーヽ(≧▽≦)ノ (日曜は元から予備日)

つーわけで、ツーリングに行こうかと思いましたが…
糞暑くて、断念…orz

前回の更新の時に「笹原は晴れの日にはツーリングに行けないと言うジンクスが」
と書きましたがー
ただ単に、笹原に根性が無く、晴れの日は暑いから家から出ないだけらしいw


ただ家に引きこもっていても暇なのでー
書き途中だった「笹原の大型二輪免許習得奮闘記」でも書くとしますか…
てか、いい加減笹原の記憶がなくなって来たので、今書かないと永遠に書けない危険がw


えーと、前回は…
教習14日目で、第1段階の見極め貰った所まででしたね。

つーわけで、今回は15日目からですね…

教習15日目。天候晴れ、路面ドライ。
天気は良いが、第2段階の一番最初はシミュレーターw
シミュレーター室で教官を待っていると、もう一人教習生が来ました。
持っている教習原簿の色は普通二輪の人のようです。

笹原の通った教習所はシミュレーターが1台しかありません。
たしか、「一度に3人まで出来る教習内容だよ」と聞いたのですが…
大型二輪と普通二輪の教習生が同時に出来るの?
まぁ、実車に乗る訳じゃ無いので、一緒でも良いのかねぇ?

ソコに教官登場!
「はい、教習原簿ちょうだい」と言われたので、笹原と普通二輪の人が渡す。
そして、教官がシミュレーターを起動させていると…
もう一人の教官が登場!w

最初に来た教官が「どうしたの?」と聞くと、
「普通二輪のシミュレーター教習なんですが…」と…
そこで、教官が笹原達が渡した教習原簿を確認すると…
「ありゃ、教習内容違うな…」とw

なんでも、教習内容が同じなら、大型二輪も普通二輪もシミュレーター教習は
同じ事やるので、一緒に出来るらしいんですがー
笹原第2段階、普通二輪の人は第1段階だったらしく、同時には出来ないらしいw
よーするに、ダブルブッキング

後から来た教官が「またぁ?今日はホント間違い多いなぁ」
とか言いながら事務所に電話してましたw
間違いが多いってどーゆ事よ?予約システムバグってるんじゃねーの?

結局、笹原がシミュレーターをする事になり、普通二輪の人と後から来た教官は
事務所に向かいました。普通二輪の人、すまないねぇ…

因みに、教習内容は普通に走るだけでしたねぇ
ただ、救急車来たり、路線バスが居たりで、緊急車両にちゃんと道を譲るかとかを
見ていた模様。
そーそー、教習の最後に質問は有るか?と聞かれたのでー

「車の免許取る時に、バイクは高速80キロまでと聞いたが、その後100キロになったとか
 聞いたけど、ホント?」
と聞いたらー
「バイクと軽自動車は80キロから、100キロに最高速度が引き上げられた」と教わる。

ついでに「峠道のコーナーにある赤色とかのシマシマは滑らないの?」と聞いたらー
「アレは滑らないけど、スピード出して突っ込むと段差で跳ねるから気をつけてね」
と言われました。
まぁ、見た目ザラザラしてるから滑りはしないだろうと思っていたけど、跳ねるとはw

最後に「峠道とかに有るコーナー途中に有る横断側溝はどうすれば良いの?」と聞いたら
「十分スピードを落として通過セヨ」と言われ、
「コーナーに進入して、回り込んだ先に有ったら
 (進入時に見えなかったら)どーすんのよ?」
と聞いたらー
「吹っ飛ばされないように、耐えろ!」と言われましたw
てか、教官自体も少し前に奥多摩周遊道路の横断側溝で吹っ飛びそうになったらしい


次!、教習16日目。天候晴れ、路面はドライ。

第2段階になって、初めての実車教習ですよーヽ(≧▽≦)ノ念願の緑ゼッケン!!
やっぱ、緑は(・∀・)イイ!、雑魚は緑色と相場が決まっているんですよ!ヽ(≧▽≦)ノ
とりあえず、危険回避とか言うのをやる。
笹原はCB750、教官はCB400SFで教習開始。

ウォーミングアップ後に、カラーコーン並べてー
「この信号が赤なら左、青なら右に避けて、黄色なら直進のまま、急制動してねー」
と言うのをやる。

あのね、バイクで避けるって無理だよ!1メートル位しか回避できん!ヽ(`Д´)ノ
ノリックが回避出来なかったのが分かったよ…(´・ω・`)

そーそー、この教習の途中でー
教官の乗っていたCB400SFに乗ってやってみろ言われてCB400SFに乗ったんですがー
全然トルク無いのね…
教習始めて、CB750に乗った時は「大型でもこんなもんか」とか思っていましたがー
400CCのエンジンが、ココまで下のトルクが無いとは…(; ̄ー ̄)

回避や急制動をする所は40キロで突入するのですがー
そこまでに40キロ出すのが大変w結構高回転まで引っ張らないと加速しないよ!
CB750はいい加減に加速しても直ぐに40キロ出るのに…
やっぱ、大型は低速トルク有るんだねぇ

まぁ、教習所のCB400SFは外装は現行型と同じですがー
エンジンはVTECが搭載される前の、4先代位前のエンジンを
デチューンしてあるらしいので、今のVTEC Revoエンジンとは別物だと思いますが…

CB400SFの良かった所ーヽ(≧▽≦)ノ

1.すんげー、スリム。跨った瞬間に、「なんぞコレ?」と思うぐらいスリムですよ。
2.軽い!教習所仕様で、ごてごて付いてますが、軽いよ−。取り回しラクチンw


CB400SFの良くなかった所ー(´・ω・`)
1.低速トルクが無い!ヽ(`Д´)ノてか、回してもCB750と比べると非力(当然だろう)
2.CB750と比べると、コンパクトでスリムなんですが、悪く言うとチャチイ。
3.ブレーキフィーリングが糞。まぁ、ウォーミングアップ後、結構放置してあったので、
 ブレーキが冷えていたんだとは思いますが…


とまぁ、そんな所ですかねw
ブレーキフィーリングが糞とは書きましたがー、フィーリングが悪いだけで有って、
ブレーキは効きますよー、本気出さずに急制動しましたが、
CB750より短距離で止まれます。やっぱ、軽いってのは(・∀・)イイ!


次!教習17日目。天候晴れ、路面はドライ。

3回目のシミュレーターですよー。
今回は「いかに町中は危険かを体験する時間」ですよー
実車では出来ないプレイ盛りだくさん!(実車でやると死ぬからw)

「今回は事故りまくります。まぁ、それが当然なので気にしないでやって下さい。
 ホントは3人でやるんですが、今日は笹原さんしか居ないので、
 3人分事故ってもらいますw」
と、教官が言うではありませんかw
この教官、実車の教習は厳しいのですが、話とかをするとめがっさ面白い人なのですよー

因みに、危険を知る事がメインなので、ミッションはオートマ設定でした。
オートマラクチンw
で、肝心の教習内容ですが…
ぶっちゃけ、車の免許を取って、ほぼ毎日運転しているのでー
どんな危険が有るかは分かりますねー、路駐の車のドアが開いたり、
突然車線変更してきたり…全て回避してやりましたよw

シミュレーターの脇で教官がPC使って、色々と仕掛けてくるんですがー
「なかなか事故らないな」とか言ってましたw
そして、最後の場面…
片側二車線の道路で、笹原左車線、右車線は交差点で右折待ちしているトラック。
「こりゃぁ、右折待ちのトラックの陰から対向右折車が来るな」と判断!
予想通りの展開だったので、フルブレーキしつつ、右へ回避!!ばっちり避けたぜ!
そしたら、教官が「すげー、避けちゃったよ。始めて見た、コレ避けられるんだねー」
と言った瞬間、シミュレーターが「ガシャン!!接触しました」
と言い出すじゃありませんか!ヽ(`Д´)ノ

教官と二人で「ちゃんと避けたよね?ぇ」と言いながら、別視線からリプレイ。

対向右折車来る→笹原が右へ回避して停車→
右折待ちのトラック発進→笹原を後ろから轢く!ヽ(`Д´)ノ

それを見た教官が「ひでぇ、なんてヤツだ!」とか言っていたのが笑えたなぁw


次!教習18日目!天候晴れ、路面ドライ。

体感速度テストとか言うのをやりました。
教官が笹原に併走して、「20キロで走って下さい。30キロで〜。40キロで〜」
速度を指示するので、笹原はスピードメーターを見ずに、指示された速度と思われる
所まで加速して、「今20キロです」と答えるのですよ。

結果。
20キロとの指示→27キロだった…
30キロとの指示→37キロだった…
40キロとの指示→42キロだった…


40キロだけ精度が高かったのは…
教習車には、いろんなランプが前後に付いています。
今何速に入っているかとか、エンスト表示とかね。
その中に、急制動用の40キロ以上で点灯するランプが有るのですよ
(急制動は40キロ以上からやるため)
そして、夜間教習だったので、スピードメーターを見ていなくても、
車体前部(ヘッドライトの周り)に付いている40キロ以上ランプが
点灯すると分かるのですよ。すんません、チートしましたw

その後、今度は指定速度でのコーナリング。
今度は教官が先導してくれるので、教官に付いていって、曲がるだけ。
コレも最初10キロ、次20キロ、最後に30キロでやります。
ヤル前に、「ホント、無理しないで良いからね」と念を押されました。
なんでも、この前曲がりきれずにコースアウトして、コーナーの外側に有る
スラローム用のコースを更に暴進して、
更に外側の駐車場にまで行ったヤツが居るらしい
w(死んでねーべな?w)

因みに、笹原は…余裕でしたwてか、アレで曲がれない理由が分からない…(; ̄ー ̄)
恐らく、コーナーの外側を見てしまい、フリーズしちゃったんでしょーねー
(バイクは視線を向けた方に向かうため、アウト側のガードレールとかを見ちゃうと
 そこに向かって進むの。何て事無いコーナーでバイクがコースアウトする理由)


最後に、余った時間で卒業検定のAコースを教官先導で走る。
スタート地点でバイクに乗る前に、毎回必ず前後のブレーキチェックをしろと言われる。


次!!19日目。天候晴れ、路面ドライ。

この日は、仕事が休みだったらしく、怒濤の3時間連続教習です!
笹原の記憶が確かならば、今までは1日1時間しか教習してないハズ。
てか、仕事が終わってから教習所に通っていたので、最終時限しか受けられ無かった…
てか、最初の2時限がセットでないと受講出来なかったので、仕方なく休日に…(つдT)

まずは、シミュレーターです。4回目にして、最後のシミュレーター。
今回も3人だか4人で出来る教習を笹原一人で受けるのでー
延々とシミュレーターに乗るw
今回は、指示通りに町中とかを走り、ゴールまで行くだけ。
前回ほどでは有りませんが、いきなりドア開いたり、
飛び出しが有ったりの罠は健在ですw

そして、この時間はシミュレーターで走るだけで終わり。
次の時間は、この走ったシミュレーターをリプレイさせてー
「ココにこんな危険が!」「ここはこうすべきだった」と反省会のような
検討会のような、唯一の学科の時間です。
まぁ、教習生は笹原しか居ないので、全ての質問は笹原に来るし、
解答は全て笹原一人で答えなくてはいけませんでした
…疲れたorz

次は、実技だぁ!ヽ(`Д´)ノ
教習内容は、小回転。まぁ、Uターンの練習?
グルグルと、出来るだけ小さく…てか、ハンドルフルロックで回る練習ですね。

小回転が終わると、不等間隔スラローム。
検定のスラロームは等間隔ですが、コイツは間隔が不均等なのですよ。
まぁ、タイムを計られる訳じゃないので、気楽なもんです。

余った時間で卒業検定のAコース。
最初最初数周は教官が先導で、後は笹原が先頭で走りました。
どうにかコースを覚えていたぜ…(; ̄ー ̄)


次!ヽ(`Д´)ノ教習20日目。天候雨、路面ヘヴィーウエット。

雨なのに、珍しく人が多い。てか、全員大型二輪の第2段階の人達。
笹原以外の4人は、前の時間からの続きらしく、教習車をキープ済み。
因みに、大型二輪の教習車は、
1〜2号車が第1段階用。
3〜6号車が第2段階用。
7〜8号車が卒業検定用(教習時には教官が使ってる)


先客の4人が3〜6号車の4台をキープしている為、笹原の乗るバイクが無いよん?
先客が4人と言う事は、教官も2人(教官1人で教習生2人見るから)検定用バイクも出払い
笹原所か、笹原の教官用のバイクも無いではないかw

まぁ、落ちは読めましたが、教官に「漏れの乗るバイクが無いyo!」と言った所ー
「第1段階用のバイクを使えば良いではないか、みつお」と言われましたヽ(`Д´)ノ

なつかしの、第1段階用、シルバーのCB750の1号車を引っ張り出して来ました。
教官は…これまた第1段階用の2号車を出してきたよw
転けまくりでボロボロのCB750…なんか、フロントブレーキぎゃりぎゃり言うよ?w

教習内容は、卒業検定Aコースのみ。
てか、何故かスラロームがうまく出来ない…(つдT)ウエットだからか?
こーゆー時に限って、キッツイ教官なのですよw


次!ヽ(`Д´)ノ 教習21日目。天候雨、路面ヘビーウエット。

この日も卒業検定Aコース。
またしても、スラロームがダメダメ…
終わり間際に「スラロームだけをやろうか」と言われ、スラロームのみの練習…(つдT)
教官が横に立って見ている所でスラローム。
1回目グダグダ…orz
2回目、何故か神降臨!教官に「今のは文句の付けようが無い出来なんだけど」と言わす
しかし、3回目は今一… なんか、今一安定しない。
3回スラロームやった所で、時間になり終了〜


次!!教習22日目。天候晴れ、路面ハーフウエット。

引き続き、卒業検定Aコース。
この日は何事も無く終了。ウエットのスラロームが苦手なんかのぉ?


次!教習23日目。天候晴れ、路面ドライ。

この日は卒業検定Bコースでした。
始めて他人と組んでの教習!ヽ(≧▽≦)ノ
今までは、笹原と教官1対1の教習でしたが、ようやく2人で教習ですよ!

特に問題も無く終了。
てか、教習前に、キッツイ教官に
「笹原さん、ユニック車(クレーン付きトラック)みたいので来てない?」と聞かれる
そんな馬鹿なw「普通の乗用車で来てますよ」と答えると「インテグラタイプRでしょ」
と言われ「何故知っている!!ヽ(`Д´)ノ」と笹原が言えば、
「俺はいろんなアンテナ付いてるからな」
とか言いやがる!なら、ユニックで来てるとか聞くなよw


つぎ!教習24日目。天候晴れ、路面ドライ。

前回と同じ人と卒業検定Bコースをやる。
教習車の3号車に乗るが、アクセルの遊びが1/3位有って、めがっさ乗りづらい(´・ω・`)


ツギ!教習25日目。天候雨、路面ヘビーウエット。てか、コースに水溜まっとるw

卒業検定Bコース。今回の相方さんは片言の日本語を話すアジア人。
訛り具合から言って、中国の人かな?

教習終わって、教官が教習原簿を返す時に、間違えてその中国人ポイ人の教習原簿を
笹原に渡したんですが、名前の所が

「○○コト××」

って書いて有った。○○が日本語名で、××が中国語?名。
「教官違いますよー」と言って、笹原のを返してもらいましたが…
ココで疑問が。日本語名使ってる外人さん。通名って言うんだっけ?
そーゆー人の免許証ってどーなってるの?「○○コト××」って書いてあんのかな?

つーわけで、通名を使っている知り合いに聞いてみたー
この人は、親父さんが北朝鮮で、お袋さんが韓国と言う、
ハーフなんだか、普通の朝鮮人だかよく分からない人なんですがw

結論は、「両方書いて有る」だそうです。
書式は、「○○コト××」では無く、括弧で追記されてるらしい。
「通名(本名)」又は、「本名(通名)」のどちらから選択出来るらしいです。

まぁ、教習に関係ないし、どうでも良いなw
そーそー、この日は教習車5号車に乗ったのですがー
左のセルフステアが異常…ほおって置いたら、スリップダウンするまでセルフステア
付くんじゃないかな?
前に乗った時はこんなこと無かったのに…
フレームか、フロントフォーク終わってるんじゃねーの?(; ̄ー ̄)


次!教習26日目。天候雨、路面ウエット。


この日は仕事が休みだったので、2時間連続教習ですよー
てか、もっと乗りたいが、実技は1日2時間までなのよね…(´・ω・`)

2時間共、前回と同じ中国人っぽい人と教習です。
この日は卒業検定AコースとBコースを交互に練習。
てか、二人で教習の時は、1周毎に先頭を入れ替えて、最後尾に教官が付くんですがー
この中国人っぽい人は、1回先頭を走ったら、挫けたらしく、
以降、笹原がずーっと先頭を走るハメに…


てか、中国人っぽい人があまりお上手じゃないので、2時間目は
教官が中国人っぽい人に付きっきりに!
「笹原さん、適当にAコースとBコースを交互にやっててね」とか言われ、
笹原は放置プレイですよw まぁ、気楽で良いけどねw


次!!教習27日目!天候晴れ、路面ドライ。

この日は、前回の卒業検定で一本橋で落っこちたと言う人と一緒に教習です。
なんでも、その人は補修らしいですね。

この日も、卒業検定のAコースとBコースです。
コース走るのは早めに引き上げて、補修な人に付き合って1本橋練習しました。
笹原はもう、1本橋はコンスタントに10秒出せるようになりましたヽ(≧▽≦)ノ

そーそー、この日はウォーミングアップ走行中に、笹原が盛大にN芋を掘りましたw
(N芋とは、1速から2速にギアを上げる際に、途中に有るニュートラルに入ってしまい、
 それに気がつかずに、アクセルを開けつつ、クラッチを繋ぐ事。
 大抵は、ブオーン!と空ぶかしになる。芋神様的には、「いも〜ん」と言う)


まぁ、教習所内では芋では無いと言う事になっていますが…
笹原がN芋を掘った次のコーナーで今度は教官がN芋掘ったのには笑ったw
N芋が伝染するって言うのは本当だったんですね、芋神様!!


つ ぎ ! 教習28日目。天候晴れ、路面ドライ。

前回同様、補修な人と卒業検定のAコースとBコースを練習。
補修の人は見極めを貰ったので、次の日に卒業検定を受けるそうです。いいなー

笹原の方は…
教習最後に教官から「笹原さん、一つ大きなミスをしました。なんだか分かりますか?」
と聞かれました…
「スラローム4個目で左のマフラーかリアバンパーにパイロン引っかけた事ですか?」
と答えたら、「よく分かったねぇ、気がついていない物かと思ったよ」と言われました…
スラロームでパイロン接触(着てる服が擦るのも)は
一発終了
なので、気をつけろ言われました。


(´Д`;)ハァハァ つ…ぎ…
教習29日目。天候晴れ、路面ドライ。


今回は、前に一緒した中国人っぽい人と教習です。
教習前に、更衣室とか有る所でお話しましたがー
そこに、でっかいパネルで事故情報が書いて有るんですよね。
鷲宮の町中で、20才チョイの大学生が乗ったバイクが
緩やかな左コーナーを曲がりきれずに対向してきた大型ダンプと正面衝突して、即死と…
因みに、免許修得後、3ヶ月とまで書いて有ります。

何でこんな物が展示してあるかと言えば…
この、免許修得3ヶ月で逝っちまった大学生が、この教習所の卒業生だからです。
中国人っぽい人は、「このせいで、教習や検定が難しくなって、俺らにとばっちりが」
等と言っていましたが…教習難しいかなぁ?面白いけどなー

まぁ、とりあえず、教習開始!
今日も卒業検定のAコースとBコースの練習なんですがー
中国人っぽい人は先頭を走らないので、まずは笹原が先頭でAコースを1周。
スタート地点に戻って、降車。
「次は中国人っぽい人が先頭でBコースかな?」と思っていたのですがー
教官に、「次は、Bコースで、その後はAB交互にやっといてー」と言われ、
教官は中国人っぽい人と1対1で教習を始めました…
また笹原は放置?まぁ、放置は構わないんだけどさー

笹原、この日が第2段階の見極めなんですけどw

結局、教官は戻ってこず、笹原は放置のまんま…(´・ω・`)
まぁ、見極めのハンコ貰えたので、もーまんたいヽ(≧▽≦)ノ

笹原、大型二輪の教習終了の瞬間ですよ!ヽ(≧▽≦)ノ
しかも、奇跡のストレート!!ヽ(≧▽≦)ノ
規定時間で終わったぜい!!ヽ(≧▽≦)ノ


後は、卒業検定だけだぜい!!




そして、卒業検定は…
…(; ̄ー ̄)

卒業検定で走ったコースとかのメモがどっか言っちゃったよ…(・∀・;)
ま、まぁ、今日はこんなに書いたんだから、卒業検定は後日でも良いよね?

てか、笹原がんばったよね?がんばったからもうゴールしても良いよね?


てか、今日はもう寝ます…
次回の更新で卒業検定の様子を書きます!
笹原は無事にストレート卒業が出来るのだろうか?

次回、「笹原一本橋に散る…かも知れない。」
君は、時の涙を見る。

(笹原) 久々の更新…

2009年08月11日(火)19:07
こんばんは、ゴールデンウィーク降りな笹原です。

いや、ホントにスミマセンね…
色々有ったもんで、サイト更新をする気力が…(つдT)

たとえばー
前回の更新の後に、「サブPCの調子が悪いなー」ってな事になって、
サブPCをばらしてみたら…

コネクタが炭に!ヽ(`Д´)ノ


マザーボードの電原コネクターが焦げてるじゃねーか!ヽ(`Д´)ノ
どーなってるんだよ、コンチキショウ!ヽ(`Д´)ノ
てか、良くコレで動いてたよな…(; ̄ー ̄)
因みに電原ユニットの方のコネクターも炭になってます…(つдT)

バラす前の症状としては、起動後30分程度でチップセットの温度が60℃を超えて、
動作が不安定になり、最後にはフリーズ!ヽ(`Д´)ノ

因みに、冷やせばまた普通に動きますw
「チップセットのヒートシンクが剥がれたんかのぉ?」と思ってばらしてみたら…
ううう、しくしく…(つдT)

写真のコネクター、一番右の上下2ピンと、右から2番目の下側のピンは
全て+3.3Vのピン
です。てか、この3ピンだけで3.3Vを給電しているのでー
マザーボードには3.3Vは給電されていなかったかもしれませんね…(; ̄ー ̄)

ごまたの意見だと、
「3.3Vが給電されずに、チップセット内で逆電流が流れてたのかも分からんね」
との事。まぁ、原因が判明したとしてもー
このマザーと電源はゴミ決定なので、どうにもならんよな…(´Д`;)

因みに、焦げたマザーはASUSのP4P800-Dluxeで、電源は剛力でした。
きっと、電気馬鹿食いのPentium 4(プレス子3.4GHz)のせいで
焦げたって事にしておこう…(今時3.3VはAGP位でしか使ってないだろう…)


まぁ、そんな感じで、サイト用に記事を書く気力が無かった物で…orz
その後にも色々有りまして…

とりあえず、サブPCはほかして、出張用ノートPCで代用!

「気力も復活してきたことだし、サイトを更新しよう」
と思い、
メインPCで記事を書き始めたらー
いきなりモニターがブラックアウト!(゚Д゚;≡;゚Д゚)
と、思ったら復活!「なんぞコレ?」と思っていたら、またブラックアウト!
そして、また復活!しかも、段々間隔が短くなってくる!ヽ(`Д´)ノ
「Σ(゜∇゜|||)はぁうっ!、モニター糸冬?」とか思っていたら、
今度は画面にゴミが出てきた!ヽ(`Д´)ノ

「コレは、グラフィックボードのオーバークロックか、熱暴走の症状じゃね?」
ってな事で、温度チェックソフトを立ち上げて見ると…

GPU 178℃とか出てるじゃねーか!ヽ(`Д´)ノ

速攻電源OFFですよ!(`Д´)ノ ウワァァン!
グラフィックボードを剥がしてみると…
GPUクーラーのファンが固着してやがる!ヽ(`Д´)ノ

くそー、買った時の記事が2007年の9月なのでー
2年近くは動いたのか…
とりあえず、3年は動いて欲しかったなぁ…(´・ω・`)

まぁ、ぶっ壊れちまった物はしょーがない、速攻で通販を申し込み…
なんせ、メインPCが笹原所有のPCで唯一のPCIexなグラフィックボードなので
代替え品が無い!ヽ(`Д´)ノ AGPなら色々有るのに…(つдT)

サブPC、メインPCが死んだら、ノートPCしか残っていないんですが…
Pentium MなCPUなんで、ご使用に耐えない!ヽ(`Д´)ノ
早くグラフィックボードこーい!ヽ(`Д´)ノ

グラボ買ったーヽ(≧▽≦)ノ

つーわけで、来たw
HD4850なグラフィックボードです。
RADEON8500以来のATIのグラフィックボードですねー
笹原はRADEON8500を買って以来、二度とATIのグラフィックボードは買わないと
心に誓っていました。
だって、方言(独自規格)が多すぎて、まともに動かなかったんだもん!ヽ(`Д´)ノ
DirectX8.0だか、8.1は準基準とか言う怪しい対応だったしw
まぁ、それ以来、GeForceばかり買っていましたがー
最近のnVidiaはアレなので、今回はATIにしてみました。
最近のATIはちゃんとDirectX動くらしいしね!w
nVidiaがどうアレなのかは、ごまたの以前の記事を見て下さいな。

で、中身はコレ〜

中身〜ヽ(≧▽≦)ノ

以前、ごまたが買ったヤツと外見はクリソツだなw
とりあえず、OSをクリーンインスコしなくてもちゃんと動くしー
以前の7900GSよか温度低い位なんで、良いのではないでしょーか?

後、なぜかIYHして、電原も同時に交換しました!ヽ(≧▽≦)ノ

タマ姉〜ヽ(≧▽≦)ノ

ごまたがオヌヌメしていたQ静とか言う電原。
コンデンサが日本製らしぜーヽ(≧▽≦)ノ
以前の電原は、コールドスタート時に駄々こねていたので、一思いに交換!ヽ(≧▽≦)ノ
付いていたサイレントキングの650Wのを(´д`)ノ⌒■ポイ
そして、Q静装着!コールドスタートも何とも無いぜ!
さすが日本製コンデンサ!ヽ(≧▽≦)ノ


後、携帯も変えたー

CA002買ったーヽ(≧▽≦)ノ

auのCA002です。防水、防塵、耐衝撃らすい!ヽ(≧▽≦)ノ
コイツは、バイクに乗る時にEZ助手席ナビを使うために買ったぜい!
以前の携帯は、EZ助手席ナビに対応していなかったのだ…(´・ω・`)

が、しかし!ココに罠が!!ヽ(`Д´)ノ
ヘルメット内にスピーカーを仕込み、Bluetoothレシーバーも買った!
いざ、EZ助手席ナビを使おうとしたら…
Bluetoothからでなく、携帯のスピーカーから案内音声が流れやがる!ヽ(`Д´)ノ

auに「どうやって出力先設定すんの?」と問い合わせたらー
「試してみたら、EZ助手席ナビはBluetoothに対応してませんでした。ゴメンナサイ」
との解答が!ヽ(`Д´)ノ
最初から分かっていればレシーバーとか買わなかったyo!ヽ(`Д´)ノ


あ、後コンデジも買ったよーヽ(≧▽≦)ノ

コンデジ買ったーヽ(≧▽≦)ノ

NikonのCOOLPIX S610ですよー
コイツにした理由は、性能の割に安かったからw

後、28ミリ相当の広角も良い感じですな!

コイツの欠点は、今時PCとの接続に使うUSBケーブルが特殊品って事かな
普通に、miniBにしとけよ…(´Д`;)

そして、コイツの罠は…
笹原はね、盆休み明けに北海道に行く事になったのですよ!ヽ(≧▽≦)ノ
バイク乗りの聖地、北海道!!ヽ(≧▽≦)ノ まぁ、仕事で行くんだけどね…


で、今まで使っていた一眼なデジカメは大きくて持ち運びがしんどいのでー
一思いにコンデジを買うことにしました!

うんで、アマゾンに注文!!
次の日に届いたーヽ(≧▽≦)ノ早速箱から出して、試し撮り!問題は無いぜ!ヽ(≧▽≦)ノ
そして、次の日!!
会社帰りにコンデジ用のケースを買いに行く気満々でした。
うんで、帰り間際にお偉いさんに書類を提出に行ったらー
「あー、ささちゃん。北海道出張は無くなったから」
とか言いやがりましたよ!ヽ(`Д´)ノ

「出張の為にコンデジ買った所だぞ、コンチキショウめ!!」ヽ(`Д´)ノ

と抗議しましたが…しくしく…(つдT)


あ、そーそー。
バイクの方はねー、順調にー

塩那道路〜ヽ(≧▽≦)ノ

色々な所でー

肉球(国道299号)〜ヽ(≧▽≦)ノ

絶賛通行止め中だぜい!ヽ(`Д´)ノ
後、晴れの日にツーリングに行けないってジンクスが有るのでー
通行止めで無くても…

ぶどう峠…(´・ω・`)

真っ白だ!ヽ(`Д´)ノ
この写真は、一昨日にぶどう峠に行った時の写真ですねー
この写真を撮った時は笹原一人でしたがー
後から来た6台でツーリングしていた人たちが来て、その中の
ジュベルな人が停車するときにフルバンク停車!(立ちゴケとも言う)
まぁ、大した事は無かったのですがー
久々にバイクが倒れる嫌ーな音を聞きました…(つдT)


とりあえず、笹原は事故や転倒も無く、順調に生きておりますw
ヘビに絡まれそうになったり
コーナー立ち上がったら、鹿に突っ込みそうになったりしてますが、
どうにか無事w


あ、そーそー
アラジンポット飲み会は毎月やっているよーヽ(≧▽≦)ノ

4合8000円のお酒…(´Д`;)

3日前にも行きましたがー
結構高級な焼酎を入れてしまったヽ(≧▽≦)ノ

スマン、食べ終わってから写真撮っていないのに気がついた…(´・ω・`)

茶豆が美味しかったです!ヽ(≧▽≦)ノ (笹原達に陵辱された後の写真ですがw)
あ、後ねー
特性ハバネロ醤油がめがっさ辛くて美味しかったです!ヽ(≧▽≦)ノ
予約入れた時に「リスクの有る食べ物キボンヌ」とリクエストしておいたらー
店長が用意しておいてくれましたヽ(≧▽≦)ノ
「辛くておいちーヽ(≧▽≦)ノ」ってお箸に付けてしゃぶっていたらー
唇が痛くなったのはナイショだw



さてとー
久々にグチをイパーイ書いた事だしー
笹原は夜餌の準備をしますかねー
結構高級な牛肉を貰ったのですよーヽ(≧▽≦)ノ
今晩は焼き肉パーティーですよーヽ(≧▽≦)ノ 笹原一人でね…(´・ω・`)

まぁ、そんな訳で、夜餌作るんで、今日の所はコレで(・∀・)ノシ
今後は小まめに更新する!…予定(; ̄ー ̄)

(ごまた) PCは意外と劣化する

2009年08月10日(月)
 私が扱った、または知ってるPCで長期間正常動作している物は少ない。
 デジタル機器と言っても寿命があって、MSIの営業だかが言った本音の保証期間は3ヶ月発言など、PCは正常に動作する期間がきわめて短い。
 それでも性能寿命である3年間はもって欲しいので、劣化を見守りながら使うことになる。
 そんな劣化の仕方を少し紹介。



case1 USB接続の外部HDDが起動しない

 寝室用に組み立て後、32ヶ月使用したPC。
 最初の1年は普通にポータブルHDDが使えたのだが、ここ数ヶ月は起動に失敗したり、連続アクセスでカツンとなって一瞬止まったりする。
 この手のは経験があり、電圧が下がるとこの症状が起きることが分かっている。
 ポータブルHDDの電源はUSBから供給されていて、そのUSBはマザーボードに繋がっている。ちなみにマザーボードはASRock ALiveNF6G-DVIだ。
 つまりマザーボードからの電力供給がへぼくなっているのだな。
 USBの電源ラインにはヒューズが入っていて、このヒューズの抵抗分が高化(劣化)すると電圧降下が大きくなってUSBの仕様を満たせなくなる。いわゆる寿命。
 これは電流を使う機器を繋がないと気付かず、故障しても通常の使用には差し支えないので【相性】などと言われる。

 解決法としては、別のUSBポートならヒューズはそれほど劣化していなかったので放置。



case2 LANとAUDIOが使えない

 先ほどと同じALiveNF6G-DVIでの話。
 LANのパケットが流れなくなる、オーディオのが鳴ったり鳴らなかったりする。
 組み立て直後からこの症状が日に日にひどくなり、3ヶ月目でどうにもならなくなった。
 ググると、nForce430チップセットを採用したマザーボードは大抵この症状が起きることが分かった。
 ブログや掲示板の投稿数から見て、チップセットの設計不良かと思う。

 解決法は無いらしいので新しいNICとサウンドカードを追加。

 それにしても寿命3ヶ月はなぁ…


case3 LANが使えない

 先ほどの話はnForce430での話だが、今回はnForce3での話。
 DFI LP UT nF3 Ultra-DのオンボードLANが1年使ったところでパケットの流れが悪くなった。
 設定を変更しようとすると即リセットが掛かるので何もできない。

 解決出来ないのでNICを追加。



case4 LANが使えない事がある

 レンダリングサーバのひとつ。ASUS M2NPV-VMでまたもnForce430。
 オンボードLANでパケットが流れなくなる症状が起きたので、NICを追加。
 1年後、もう一度確認したらオンボードLANでもパケットがちゃんと流れるようになっていた。

 なんだコレ。



case5 AUDIOが使えないことがある。

 オタコンの所に有るPC。ASUS M2N-EでチップセットはnForce570 Ultra。
 3年間使ったところHDDが死んだのでソフトなどの再インストールを請け負った。
 ところがHDD交換で彼が構築した全設定が吹き飛んだので、再設定時に故障が露呈した。
 skypeのマイク設定では大抵の場合、マイクのゲインが足りないので増幅率を上げないと行けないのだが、上手く設定できないそうだ。
 更に、後ろにヘッドホンを差すと、特定のアプリから音が出ないらしい。まるでリアサラウンドスピーカー端子に差したときのような症状だが、ジャックの色は合っているそうだ。
 音が出ないのはnForceなら寿命としか言いようがないのだが、再現性が一貫していないので何とも言えないし、納得もしてもらえない。ネトゲの設定のためにオンサイト修理を依頼してくる人だから、そもそもオンボードデバイスに寿命があることを知るはずもない。

 解決法としては、オンボードデバイスを使わずUSBのヘッドセットを購入すれば解決。…なのだが何となく使えるようになったそうだ。良く分からんね。



case6 LANを使うとフリーズする

 アラジンポットのサーバ。DELL SC420だ。
 このサイトにも書いてあるが、買って即効で壊れた。
 その後、中身を全て入れ替えてもらったのだが、数ヶ月で劣化してきた。
 その中で問題だったのがオンボードLANで、非常に高速なのだが複数の人がアクセスすると遅くなってきて青画面のエラーになる。サーバのくせに。
 最近では、ワークグループに参加出来なくなったりする。何度再起動しても駄目だったのに、数日後の朝に再起動したら参加出来るようになった。訳が分からない。

 解決法としてはNICを追加。しかし、現状ではLANポートが2つ必要なので追加してもオンボードLANはまだ無効にしていない。やっぱり青画面に。



case7 USBを使うとフリーズする

 これもSC420の話。
 外部ユーザ用にUSB接続のHDDがある。これに目一杯アクセスするとフリーズする。
 あれ?これ最初からだっけ?

 解決法はない。青画面になったら再起動させる。メーカー製ってクソな製品しかないのか?



case8 動作不安定

 2001年製GATEWAYマシンをFAXサーバとして使っている。
 これが2005年にVRMの電解コンデンサが破裂。4年で目に見えるほど分かりやすく壊れるのは、この時代のマザーボードの特徴か。

 解決法としては、リード品のコンデンサを全て交換。



case9 PCが起動しない

 今年になって、先ほどのGATEWAYのCPUをCeleron700からCeleron800に交換したところ、一週間でBIOSすら起動しなくなった。
 元のCPUに戻すと動くことと、FSB変更ソフトでFSBを少しでもいじると止まる事から、クロックシンセサイザー周りが弱くなっているらしい。
 基板の該当ブロックを見ると、SMDの電解コンデンサに囲まれていた。見た目は何ともないのだが、完全に寿命を迎えたのだろう。

 解決法としては、可能な部分は全てタンタルコンデンサに変更。これで安定動作した。

 コンデンサの交換は別記事で書こうかな。



case10 画面がぶれる

 これもGATEWAY製PCの話。2006年頃からか、オンボードVGAからディスプレイに繋ぐと、映った画面が一ラインごと別々に横にランダムにスクロールする。
 読みづらいが、短時間なら我慢できるかも。コンデンサの交換で少しだけマシになったが、年々悪化してるのは止められない。

 解決法としてはVNC経由でアクセスし、直接ディスプレイを繋がないで画面を確認する。画面のデータには問題ない。




 マザーボードのオンボードデバイスに限って上げてみた。拡張ボードの劣化も含めるともっとあるが、数が多いので取り上げない。
 笹原からメインマシンの不具合を聞いたら、スリープに問題があるそうな。
パワーLEDが点滅し続ける
IDEのアクセスLEDが点灯しっぱなしになる
マウスやキーボードを操作しても無反応
リセットボタンを押しても無反応
パワーボタンを長押しで止めると二度と起動しない
電源ケーブルを引っこ抜いて放置するとふかーつ!

 これは劣化ではなく最初からだったかな。笹原はハズレ個体を引き当てやすいからね。


 今のところ、数年経っても劣化してなさそうなのはレンダリングサーバのひとつASUS A8N-VM CSMを使ったPCと、U-DA☆の所へ行ったASUS A8V-MXぐらいな物か。
 ここ数年、高スペックを要求するソフトが少なくなってきたため、性能寿命は長くなったが、部品の長寿命化はされてないので或程度のところで買い換えなくてはならない。すると、やはり3年程度が買い換えサイクルとなるのだろうか。
名前(必須)  URL 

 

過去ログ 2004年10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 04月 05月 06月 07月 08月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 06月 07月 08月 09月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 10月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 08月 09月 10月 11月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 
最新記事へ戻る

メールアドレスが書かれた画像
  • Firefox/Edgeで動作確認しております。
  • スマートフォンとPCで問題の出ないよう制作しております。
  • ラグナの画像引用について:このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 (C)2004 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS),All Rights Reserved. (C)2004 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。