アラジンポット過去ログ

アラジンポットのblog

(ごまた) ママチャリで有明は遠い

2009年06月14日(日)
 五月中旬。日差しも強くなり、かなり暖かになってきたので自転車でその辺を回ってみることにした。
 この時期は毎年ママチャリであるっているが、今回は荒川沿いに南下してみることにした。首都高C2沿いに流れている川だ。

 風速4m/sの向かい風の中走行。荒川に着くまでに30km位は走行している。荒川に着いても海まで20km程度はありそうなので、ママチャリではかなりきつい。

 荒川の河川敷は多くの自転車が走っていて、その殆ど全てが高そうな自転車だ。スピードも全く違う。こっちはママチャリなので平均速度は10km/hだが、彼らは30km/hは安定して出ている感じだ。

 ずっと走っていれば腹も減るので食事をしようと河川敷から外れ、東大島/小松川のあたりに来たのだが店が見あたらない。アパートと公園があるだけだ。ここまで整然としてると逆に不便になりそうだ。

 荒川に戻って南下。どうやら新砂で最後らしい。GoogleMAPを見るとまだ道はあるのだが、私道なので入れない。









葛西ジャンクション
 とりあえず行けるとこまで行って、首都高湾岸線と葛西臨海公園の観覧車を撮影。
 ここまで来たのでビッグサイトにも行ってみることにする。

 夢の島を通ってみたが、夢の島の半分は公園のようだ。もう半分は新木場の工業団地。緑が多くゆっくり見て回りたかったが、ここに来るまでに五時間も掛かったのでパスすることにした。


ビッグサイトのノコギリ 新木場から国際展示場へは歩いた事があるのでなんてことはない。歩いたときは、結構な距離があるな…とは思ったが、自転車でも少し遠いと思った。
 ビッグサイトに着いたので撮影。

 帰りは同じ道で帰るのだが、5時間も掛かると思うと気が重くなる。追い風でラクに帰れると思ったが、夕方には風が弱まりいまいちスピードが出ない。

 家に着く前に日が落ちて、疲労感アップ。何も見えないとつまらないね。


 へろへろになって帰宅。ママチャリで遠出するのは時間が掛かりすぎる。平均速度が遅すぎて、目的地についても見て回る時間がない。
 サドルは細いのに変えて、お尻が痛くならないようにしたのだが、10時間も乗れば痛くなってくる。普通のサドルは2時間で痛くなるのでマシになったかな。
 ブレーキはダブルピボットに変えて制動力1.5倍にしてある。ブレーキは大切。
 この二つしか変更してないママチャリなので長距離はどうにもならない。ペダルを変えればもう少し平均速度が上がりそうだが、ママチャリにビンディングペダルを付けたらママチャリとは呼べない気もする。けど試したいかも。

 100kmオーバーのサイクリングはハードなので、次回はGoogleMAPで距離を測って遠くない所にチャレンジしたいと思う。
名前(必須)  URL 

 

過去ログ 2004年10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 04月 05月 06月 07月 08月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 06月 07月 08月 09月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 10月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 08月 09月 10月 11月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 
最新記事へ戻る

メールアドレスが書かれた画像
  • Firefox/Edgeで動作確認しております。
  • スマートフォンとPCで問題の出ないよう制作しております。
  • ラグナの画像引用について:このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 (C)2004 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS),All Rights Reserved. (C)2004 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。